四国中央市社会福祉協議会が行っている障害者総合支援事業

 平成25年4月から障害者とは、身体障害者、知的障害者、精神障害者(発達障害含む)の方々に加えて、難病等の方々が対象となりました。対象となる方々は身体障害者手帳の有無にかかわらず、必要と認められた障害福祉サービスなどの受給が可能になりました。障害者が地域で安心して暮らせるように障害福祉サービスを提供いたします。

居宅介護事業

 居宅において、入浴、排せつ及び食事等の介護、調理、洗濯及び掃除等の家事並びに生活等に関する相談及び助言、その他の生活全般にわたる援助を行います。

重度訪問介護事業

 重度の肢体不自由者で常に介護を必要とする方に、居宅において、入浴、排せつ及び食事等の介護、調理、洗濯及び掃除等の家事並びに生活等に関する相談及び助言その他の生活全般にわたる援助並びに外出時における移動中の介護を総合的に行います。

同行援護事業

 視覚障害者が外出するときに、同行し、移動に必要な情報を提供するとともに移動の援護を行います。

相談支援事業

 障害のある人の福祉に関する様々な問題について、障害のある人等からの相談に応じ、必要な情報の提供、障害福祉サービスの利用支援等を行うほか、権利擁護のために必要な援助も行います。