四国中央市社会福祉協議会の概要

○社会福祉協議会とは

 社会福祉協議会(社協)は、地域社会において民間の自主的な福祉活動の中核となり、住民の参加する福祉活動を推進し、保健福祉上の諸問題を地域社会の計画的・協働的努力によって解決しようとする公共性・公益性の高い民間非営利団体で、住民が安心して暮らせる福祉コミュニティづくりと地域福祉の推進を使命とする組織です。
 社協は、戦後間もない昭和26(1951)年に民間の社会福祉活動の強化を図るため、全国、都道府県段階で誕生し、ほどなく市区町村で組織化がすすみ、福祉活動への住民参加をすすめながら現在まで一貫して地域福祉活動推進の中心的役割を果たしてきました。
 社会福祉法では『地域福祉の推進を図ることを目的とする団体』として位置づけられており、市区町村社協では次の事業の実施が規定されています。

(1) 社会福祉を目的とする事業の企画及び実施

(2) 社会福祉に関する活動への住民の参加のための援助

(3) 社会福祉を目的とする事業に関する調査、普及、宣伝、連絡、調整及び助成

(4) (1)から(3)のほか、社会福祉を目的とする事業の健全な発達を図るために必要な事業

○社会福祉協議会の使命

誰もが安心して暮らすことができる福祉のまちづくりを推進すること

○社会福祉協議会の経営理念

①住民参加・協働による福祉社会の実現

 地域のあらゆる団体・組織の相互理解と協働によって市民参画型の福祉社会を実現する。

②地域における利用者本位の福祉サービスの実現

 誰もが地域社会の一員として尊厳をもった生活を継続できる福祉サービスを実現する。

③地域に根ざした総合的な支援体制の実現

 福祉ニーズに対して、あらゆる生活関連分野の活動が連携し展開される支援体制を整備する。

④地域の福祉ニーズに基づく先駆的な取り組みへのたゆみない挑戦

 事業展開を通じて地域の福祉課題をとらえ直し、新たな福祉活動・サービスの開発に挑戦する。

○社会福祉協議会の活動原則

①住民ニーズ基本の原則

 広く住民の生活実態・福祉課題等の把握に努め、そのニーズに立脚した活動を進めます。

②住民活動主体の原則

 住民の地域福祉への関心を高め、その自立的な取り組みを基礎とした活動を進めます。

③民間性の原則

 民間組織としての特性を生かし、住民のニーズ、地域の福祉課題に対応して、開拓性、即応性、柔軟性を発揮した活動を進めます。

④公私協働の原則

 公私の社会福祉及び保健、医療、教育、労働等の関係機関・団体住民 等との協議と役割分担により、計画的かつ総合的に活動を進めます。

⑤専門性の原則

 地域福祉の推進組織として、組織化、調査、計画等に関する専門性を発揮した活動を進めます。

○四国中央市の基本情報

 平成16年(2004年)4月1日、川之江市、伊予三島市、土居町、新宮村の4市町村が合併し、「四国中央市」が誕生いたしました。
 四国中央市は、愛媛県の東端部に位置し、ほぼ四国の中央、東は香川県、南東は徳島県、南は四国山地を介して高知県に接しており、四国4県が接する地域です。四国の「エックスハイウェー」と呼ばれる高速道路網を使えば、松山市と高松市へは約80㎞、高知市までは約60㎞、徳島市までは約100㎞の距離にあります。四国各県の県庁所在地のいずれにも、ほぼ1時間で結ばれるという好条件にある地域です。
 地形は、東西に約25㎞の海岸線が広がり、東部には全国屈指の「製紙・紙加工業」の工業地帯を擁し、その南に比較的幅の狭い市街地を形成しています。また西部には、美しい自然海岸が広がり、その南には広大な農地が広がっています。燧灘に面した平野部は、瀬戸内海特有の温暖・少雨で気象条件に恵まれています。平野部では、毎年春先から初夏にかけて「やまじ風」が、法皇山脈の北斜面から燧灘へ周期的に吹きおろし、時には人家や農作物に被害を及ぼすことがあります。南には急峻な法皇山脈から四国山地へと続く山間部を擁し、この豊かな自然により、産業や生活が支えられています。(面積/東西約30㎞、南北約20㎞、面積約420K㎡)

○福祉援助指標

(2014.4現在)



人 口

90,713人

世帯数

37,894世帯

広報区数

929区

65以上人口

25,613人
(高齢化率28.2%)






ひとり暮らし高齢者数

3,094人

二人高齢者世帯数

3,324世帯

三人以上高齢者世帯数

190世帯

要介護認定者数

5,740人

身体障害者手帳保持者数

4,250人

療育手帳手帳保持者数

712人

精神保健福祉手帳保持者数

356人

障害者福祉サービス受給者数

500人

生活保護受給世帯数

501世帯