四国中央市災害ボランティアセンターとは

 四国中央市では、平成17年11月1日に四国中央市と四国中央市社会福祉協議会が災害ボランティア活動支援等に関する協定を締結し、それに基づき「災害ボランティア活動支援指針」及び「災害ボランティアセンター運営マニュアル」を整備し、災害時にボランティアを円滑に受け入れ、活動が効果的に行えるための環境づくりに努めています。

四国中央市災害ボランティアセンターの役割

被災地のニーズ把握

 職員が直接被災されたご家庭を訪問し、安否の確認、ニーズを収集したり、地域の実情をご存じのリーダーの人たちなどを通じてニーズの収集を行います。

ボランティアの受け入れ

 災害ボランティアセンターを立ち上げた場所を、被災地内外に情報発信し、活動を希望するボランティアの受付、調整を行います。ボランティア活動を希望する人は、まずは災害ボランティアセンターで受付を行っていただき、現地の状況把握、活動内容の説明を受けて頂きます。

人数調整・資機材の貸し出し

 被災された人たちからのニーズにあわせて、必要なボランティアの人数を調整させていただき、代表者を決めさせていただきます。また、活動に必要な道具を貸し出します。

活動の見守り・確認

 ニーズに沿った活動ができるようコーディネーターが現地で助言、被災者とのパイプ役として活動します。

活動終了・報告

 その日の活動の結果、気がついたこと、被災者からの要望などをセンター職員へ報告していただきます。その報告をもとに次の日の活動計画を立てます。

平成16年台風での災害ボランティア活動の様子

災害ボラ1

災害ボラ2

災害ボラ3

災害ボラ4