四国中央市社会福祉協議会が行っている介護保険事業

 住み慣れた地域や住まいで自立した生活を送ることができるよう、介護サービスを提供いたします。
 認知症や寝たきりなどで介護が必要になったとき、介護まではいらないけどちょっとしたお手伝いが必要になったとき、また、厚生労働省の定める特定疾病にかかって介護や支援が必要なったとき等に、介護保険によるサービスを受けることができます。介護や日常生活に不安のある方、介護サービスを利用して介護の負担を軽くしませんか。

訪問介護・介護予防訪問介護事業

 
訪問介護(要介護1~5の人) 介護予防訪問介護(要支援1・2の人)
 ホームヘルパーが居宅を訪問し、入浴、排泄、食事等の身体介護や調理、洗濯などの生活援助を行います。通院などを目的とした、乗降介助(介護タクシー)も利用できます。  利用者が自力では困難な行為について、同居家族の支援や地域の支え合い・支援サービスなどが受けられない場合には、ホームヘルパーによるサービスを提供します。

訪問入浴介護・介護予防訪問入浴介護

 
訪問入浴介護(要介護1~5の人) 介護予防訪問入浴介護(要支援1・2の人)
 介護職員と看護職員が移動入浴車などで居宅を訪問し、浴槽を提供し、入浴介助を行います。  疾病などの特別な理由がある場合に、介護職員と看護職員が居宅を訪問し、入浴の支援を行います。

地域密着型通所介護

 
地域密着型通通所介護
通所介護(要介護1~5の人) 介護予防通所介護(要支援1・2の人)
 通所介護施設で、食事・入浴・排泄などの日常生活の支援や、機能訓練等を日帰りで行います。  通所介護施設で、食事・入浴・排泄などの日常生活の支援や、機能訓練等を日帰りで行います。また、目標に合わせた選択的サービスも利用できます。

居宅介護支援事業所

 介護支援専門員(ケアマネージャー)が、利用者や家族と面接し希望を聞きながら、問題点や 課題を把握し、心身の状態や生活環境を考え、自立した日常生活が送れるよう、居宅サービス計画(ケアプラン)を作成し、それに基づき介護サービスの提供が確保されるように各介護サービス事業所との連絡調整を行います。要介護者が介護保険施設に入所する場合に介護保険施設への紹介を行います。他の介護サービス事業者と異なり、要介護と認定された人に対するケアプラン作成の費用は全額介護保険から給付されます。

※介護保険に関することや介護保険を利用するための申請等については四国中央市保健福祉部高齢介護課のホームページにあるパンフレット(PDF)をご覧ください。