「保育園のお迎えが間に合わない!」
そんなあなたに代わってお迎えに行きます。
ほんのちょっとしたサポートです。

1.四国中央市ファミリーサポートセンターについて

 四国中央市ファミリーサポートセンターでは子育てと仕事の両立を応援します。四国中央市ファミリーサポートセンターは、地域において育児の援助を受けたい人と行いたい人が会員となり、育児についてお互いに助け合う会員組織です。
 この事業は、働く人々の仕事と子育てまたは介護の両立を支援する目的から、当時の労働省(当時)が構想し、設立が始まりました。現在では、育児サポートの対象は、子どもを持つすべての家庭に広がっています。
 四国中央市ファミリーサポートセンターは、四国中央市が四国中央市社会福祉協議会に委託して実施します。

2.会員について

 センターの趣旨に賛同し、入会しようとされる方は、まず、会員として登録していただきます。特別な資格等は必要ありません。会員には依頼会員と援助会員の2種類あり、双方を兼ねることも可能です。

依頼会員・・・育児の援助を受けることを希望し、四国中央市に住所又は勤務先がある方です。
援助会員・・・育児の援助を行うことを希望し、四国中央市に住所がある20歳以上の方です。

3.相互援助活動について

ファミリーサポートセンターで行う相互援助活動は、会員相互で、一時的又は臨時的に実施する軽易な子育て援助の活動です。

(1) 保育園、幼稚園又は小学校の開始前又は終了後の預かり

(2) 保育園等の送迎

(3) 子どもの軽度の傷病(軽い咳や鼻水)の場合の預かり

(4) その他必要と思われる育児の支援

○子どもを預かる場合は、原則として援助会員の自宅で実施します。

○子どもの宿泊は行いません。

○通常は1対1での預かりが基本となりますが、兄弟姉妹での利用の場合は、その限りではありません。

4.相互援助活動のしくみ

センターのアドバイザーを介して依頼会員と援助会員とが出会い、相互援助活動が始まります。

援助が必要になったら…

①依頼会員は、センターのアドバイザーに電話してください。

②アドバイザーは、地理的な条件などを勘案し、適当な援助会員に連絡します。

③アドバイザーは、援助会員と依頼会員を引き合わせます。

④依頼会員は、依頼用務、日時、場所など援助会員と十分に事前に打ち合わせて、子どもを預けます。

⑤援助会員は、相互援助活動終了後に援助活動報告書に記入し、依頼会員の確認印をもらいます。依頼会員は規定の報酬及び実費を支払います。
 ※援助会員は、活動終了後に援助活動報告書をセンターに提出します。

⑥援助会員は、活動報告書を翌月5日までに必ずセンターに提出します。

⑦キャンセルの場合は、依頼会員から援助会員とセンターの両方に速やかに連絡してください。

⑧突発的な依頼については、可能な限り対応しますが、援助会員の調整がつかないことがあります。依頼の申込はできるだけ早めにお願いします。

5.報酬等の基準

(1)報酬の基準

活動時間帯 1時間あたりの報酬額
午前6時から午前8時まで 800円
午前8時から午後7時まで 700円
午後7時から午後9時まで 800円
その他の時間帯 個別に決定する。

○報酬は、最初の1時間までは、全て1時間とみなします。1時間を超える場合は、30分単位での加算となります。

○兄弟姉妹で子どもを預ける場合は、2人目から半額となります。

○無断キャンセルの場合は、予定されていた時間分の報酬額の全額を支払ってください。

(2)実費負担の基準

 交通費、飲食費、おむつ代などについては、依頼会員が実費を支払うか、現物を提供します。

 交通費については、公共交通機関・タクシーを利用した場合は実費、自家用車を利用した場合は1キロあたり30円を目安に実費相当額を支払ってください。なお、センターでも、チャイルドシート・ジュニアシートを用意していますが、数に限りがありますので、原則として依頼会員が用意してください。

6.会員の心得

○ファミリーサポートセンターの活動の趣旨とルールを守りましょう。

○お互いのプライバシーを守りましょう。

○会員証は常時携帯し、請求があったときは提示してください。

○約束した時間は必ず守りましょう。

○センターへの連絡なしに、会員同士で活動の交渉を行わないでください。センターを通さない活動については補償保険が適用されません。

○事前打ち合わせは、指定の用紙にそって必ず行ってください。

○安全確認を必ず行ってください。

★ 相互援助活動は、お互いの信頼関係により成り立っています。時間や決まり事をお互いに守ることにより、安心して活動できます。また、事前打ち合わせは、お互いを理解することも目的の一つです。打ち合わせは十分ゆとりをもって行いましょう。

依頼会員の方へ

○依頼した援助内容以外のことは要求しないでください。

○活動終了後に定められた報酬を援助会員に日々支払ってください。

援助会員の方へ

○活動中に事故が発生した場合は、速やかにセンターへ連絡してください。

○活動終了後は、援助活動報告書をセンターに提出してください。(補償保険がセンター全体の活動を対象としているので、全体の保険事務に影響します)

7.補償保険について

万が一の事故に備えて、会員になると「援助会員傷害保険」「依頼会員子供傷害保険」「賠償責任保険」「研修・会合傷害保険」の4つの保険にセンターが加入します。(個人負担はありません)

8.入会申込

(1) 記入していただくもの

○入会申込書(援助会員依頼会員

(2) 持参していただくもの

○印鑑

○身分を証明するもの(運転免許証や健康保険証など)

※登録時に会員証用の写真を撮ります。

(3)事前研修

9.センター事務局

所 在 地   四国中央市三島宮川4丁目6番55号
電話番号  0896-28-6150  FAX 0896-24-8009
開設日時  毎週月曜日から金曜日(8時30分から17時15分)

お気軽にお問い合わせください。